防石鉄道2号機(クラウス2)      防府市迫戸町16 鉄道記念広場 
再塗装され、屋根付き車庫に改修されました…
写真提供:栗田一郎 氏(愛する会会員)
「クラウス2号機」ドイツ製蒸気機関車
 資料監修  防石鉄道OB会(防府市和字29 会長:兼森悦雄氏)
   管理者  防府市
   所在地 防府市 鉄道記念広場JR防府駅の西方約1kmの高架下、2012年再塗装、屋根付き車庫に改修) 
   製 造  ドイツ クラウス社 1894年製
   仕 様  車長7,799mm 横幅2,438mm 車高3,607mm
     重量 空車時18.9ton 満載時23.1ton
   略 歴  大正3  石三軽便鉄道株式会社設立、翌年 防石鉄道に改称
     大正8  防石鉄道開業、三田尻・堀間の20km11駅を55分で運転、運賃は大人70
     昭和39  廃線、バス路線で運行
     昭和50  クラウス号は、防府市に貸与
     平成4  防石鉄道は防長交通に合併
(文責:栗田一郎)